彼方の猛禽類

林道を走っていると対岸の針葉樹林に何か猛禽類が止まっている。むっ、何かな?双眼鏡で見ても、光が胸に当たってはっきり見えない。距離があるので双眼鏡(8x42モナーク)でも、判らない。クマちゃんかな。その時は、はっきりクマちゃんと断定しましたが、家に帰って拡大して見るとどうもノスリのようです。BORG101ED AFキャノン f=400mm F:4正直に言うと、残念、ノスリに失礼だね。失礼しました。人...
 15, 2018 13:10    0

椋鳥が戻ってきた

何日か前、一端いなかったムクドリが夕方戻ってきた。昼間はいないのに夕方になると、家の周辺に群がってくる。ムクちゃん、どういう生活をしているのだろう。夕方、集まり朝早くいなくなる。この周辺はネグラになっているのかな。ネグラといえば隣の家の裏庭には竹藪がある。その周辺にムクドリが夕方集まる。日本では野鳥の習性はまだ分かっていない部分がいっぱいある。ヨーロッパでは椋鳥の移動の研究が進んでいて移動と行動が...
 09, 2018 17:15    0

椋鳥の大群が押し寄せました

土曜日の夕方の事でしたが、家の前の電線や隣の柿の木に椋鳥の大群が押し寄せてきました。椋鳥の習性でしょうか。群れになって危険を回避しているようです。おかげで電線の下は鳥の糞が点々と落ちてます。電線側の家の人は、椋鳥の糞公害で大変です。BORG101ED 400mmF4 キャノンレンズ改造AFカーテンの陰に隠れて撮ってみました。レースのカーテンの横から見ていると見つからない様です。電線にもそれは大群が止まって...
 27, 2018 16:30    0

ヒレンジャクの季節

とうとうヒレンジャクがきた。春がそこまでやってきてます。母を地域包括センターに送った後、そのまま公園に行ってみる。ヒレンジャクが桜の木に寄生しているヤドリキの実を食べていた。もう春はそこまで来ている感じ。寒さも峠を過ぎたのかもしれません。撮影はBORG101EDの対物レンズ(10φ 100φ 訂正 640mm)に、ACクローズアップレンズNO.3(330mmアクロマートレンズ(色収差補正))で構成した合計焦...
 15, 2018 17:07    0

トラツグミ

トラツグミを見たというので、探したら藪の中に発見。地表をミミズを探したりしている鳥なので、地面を探す。アカハラ、シロハラと同じような食性をしているのかも。あまり動かないので、注意が必要。体の色も保護色です。体の模様から名前を付けられたのかな。トラ模様だ。夜中に「ヒィー  ヒィー」と高く長く、きみの悪い鳴き声を聴いた事があるかもしれません。そんな怖くなるような鳴き声で、夜啼いているのがトラツグミ。「...
 31, 2018 08:19    0

What's new?