玉ねぎ 病気かも



玉ねぎが一個枯れていた。

およよ。これは何か変かも。

少し元気のなさそうなものを抜いてみた。

根っ子がない部分がある。そして根っ子がない所には白いカビが生えている。

やっぱこれは何かの病気が出始めたようです。


IMG_6684_201705161212350ed.jpg


元気そうに成長しています。

もう少しで収穫になる状態です。


IMG_6687.jpg


根っ子がいっぱい生えていて元気そのものです。


IMG_6690.jpg


こちらは、根っ子が少ないし根っ子がない所に白いカビ状のものが生えてます。

やはり、これは異常です。

全てではないのですが、6個くらい変だなあと思われるものがありました。

根っ子は畑に捨てないで家に持ち帰り、初めての経験ですが市の燃えるゴミに出す予定です。

病気がうつったら大変です。

何か不明ですが病気が発生したようです。

腐ってしまう前に全てを抜いて乾かしました。


IMG_6693.jpg




早く気が付いて良かった。

早速、全てを収穫しました。

玉は大きく成長しきってます。それにしてもこのまま5月の下旬まで置いたら全滅していたかもしれません。

伝染していたかもしれません。


IMG_6699_20170516122026780.jpg


家に持ち帰り、4個束にして乾燥させるようにしました。

この作業は何時ものルーティンです。

玉ねぎ農家の人でしたら、どう対処するのだろう。

販売する玉ねぎがダメになったらダメージは大きいはず。きっと消毒するのかな。えっ販売前に消毒はないかも。

難しいですね。

今回勉強になったことは、野菜を良く見るのが大事ということが判りました。





インゲンの発芽遅れていて諦めていましたが、雨が降りやっと発芽してきました。

土の下から、土を跳ねのけて出てきてます。

活きたかったのでしょうね。インゲンさん、水をいっぱいあげられなくてごめんなさい。


IMG_6694.jpg



IMG_6695.jpg


DNAに仕込まれていた活きたいという強烈な生命力、大地を押しのけて発芽してきました。

へこたれていないですね。

「私、活きたい、活きる!」 ほとばしるような力を感じます。

水を汲んできてあげてはいましたが、発芽できずにいた状況を知らずにいた自分でした。

本当にゴメン。



声を出さない植物ですが、観察していると何かが伝わってきます。

そろそろ寒冷紗の中で育ってきた、ミニトマト、西瓜など寒冷紗の中がきつそうです。

支柱を立てて添え木にしましょう。



裏の金柑の花が咲き始めてます。

昨年はアブラムシを発生させてしまいました。

今年は注意しますよ。


IMG_6701_2017051612202845a.jpg

昨年の残りもの


IMG_6702.jpg


いっぱい咲かせて、金柑であることを主張してください。

注意してみてますね。



ミカン類の花の数量が今年は少ないようです。

昨年はいっぱい成ったからでしょうか。

正直ですね。







スポンサーサイト

Comment 0

What's new?