FC2ブログ
カメラ選定の悩み





今月、猛暑になる前に八ヶ岳の一番南、天女山から一番北の蓼科山まで縦走しました。

その時、運悪くキャノンEOSkissX-6iが故障しました。



何をしても復旧しませんでした。



幸い帰ってから、故障は復帰しましたが、画像が残せませんでした。

その時の記録は こちら           です。


このカメラ、以前にも同じような故障がありました。

電源を切っても、バッテリーを取り外しても復旧せず、メーカの診断では故障していないとの事。



「ふざけるな」です。



八ケ岳縦走の時に、カメラを変えようと、いや、変えられると思って動かないカメラを持って歩いていました。



案の定、帰ってきてバッテリーを抜いて2日ほど放置して置いたら不具合フラグが消えたのか直りました。



そこで、何時また壊れるか解からないキャノンのカメラを更新を考えてました。

前から考えていたのは、考えていましたがこれが今のカメラの悩みです。




カメラの更新を検討するにあたり、機種選定が難しい。

選定にあたりオイラに適したカメラはなにか?



①山に持っていく     軽量、防塵防滴

②撮影対象        花、野鳥、風景   野鳥となると400mm以上のレンズが必要

③画像素子サイズは    フルサイズは必要ないだろう。  → APS-C 、 フォーサーズで十分では

④デジタル一眼      ミラーレス一眼 ローパスフルターレス

⑤手振れ補正       ボディ内手振れ補正

⑥価格            安いにこしたことはない



条件から選ばれる機種はおのずから選定されてきます。

◆Sony α7Ⅲ
まず、フルサイズでSonyのα7Ⅲもベンチマークテストには入れましたが、性能とレンズキットの値段はリーズナブルですが、重さと望遠レンズの値段が高くアウトでした。当然と言えば当然ですが。キャノン、ニコンの望遠レンズよりはものすごくリーズナブル。



◆フジフイルム X-T2   X-H1
次にフジヒイルムのX-H1、とX-T2が選定されます。
  X-T2はモデルが少し古いのと、軽いのですが、ボディ内手振れ補正がない。
  X-H1 APS-CでOKです。PANAのG9Proより望遠を付けて330g重い。今、3万のキャシュバックキャンペーンをしています。売れていないのだろうな。画質は素晴らしく良い。望遠が400mmしかない。テレコン1.4倍か


◆パナソニック DC-G9pro
G9Proは画像素子がフォーサーズ、我慢できるか? 望遠レンズも小さいので一番軽量になる。
 ボディ内手振れ補正付きで条件全てに合致している。心配は野鳥撮影時に解像度が懸念される所です。
 レンズキット値段は初期値から、今日で27.3%まで下がってきていて、まだ底ではありません。ボディでは31%値崩れでドンドン値段が下がってます。なぜだろう。裏があるのかな、気になるところです。



決めたわけではありませんが、パナのG9proがオイラには適しているのかな。次の候補はフジフイルムのX-H1だろうか。



G9pro

g9.jpg






X-H1

x-h1.jpg




こんな事もう何か月も悩んでいる。そして今も、アホだな。

残る課題は、鳥撮り時の解像度になりました。

そしてG9proの値段が下がり続けているには、理由があるのか。

X-H1の3万キャッシュバックどころではありません。



もう少し悩んでみよう。

いいアイデアが浮かぶかもしれない。

ベンチマークをして比較するのも楽しいものです。

これが今までの結論ですが、今後のモデルの発表(T3)を含めて最終結論を出します。






スポンサーサイト

Comment 0

What's new?