FC2ブログ
無花果の挿し木にカミキリムシ





無花果の挿し木の葉が誰かに髪切られて落ちていた。

注意して見ると、カミキリムシが何匹がいた。

2匹は殺しました。



以前にも一匹殺したのですが、無花果の挿し木の所ではなかったので無花果の葉を噛み切った犯人とは思ってませんでした。



今回は無花果の葉を噛み切っているところを発見してので現行犯逮捕です。

2匹殺してから、さらに一日置いて見に行ったら、なんと葉がほとんど噛み切られていていた。

そして、さらに2匹のカミキリムシを捕まえました。



今回は現行犯逮捕と身柄を拘束しました。

現状2匹の身柄をどのような処分にするか検討中です。


P1000293_1.jpg


こんなに葉が噛み切られて地面に落ちてます。

現在は、さらに残っていた葉がほとんで噛み切られてありません。



葉が出てこなければ枯れるかもしれません。

カミキリムシも必死で生きようとしているのでしょうけれど、相反する立場ではカミキリムシは殺処分が相当です。

可愛そうですが、被害が広がらないためにも必要な行動になります。



少し離れて所に挿し木した木は、すでに大きく葉が茂っていて、こちらは何の被害がありません。

どうしてか理由はわかりません。

若い葉、幹が美味しいのだろうと想像はしますが。

若い子が好きなのかい。人間と同じだ。



幹も美味しそうに噛みついた痕跡が残ってます。

カミキリムシは悪い事をするものです。

実際に噛みついた所を見たのは初めてです。


P1000294_1.jpg

必死に噛みついたのだろう。

そんなに美味しいのかい。

それとも、何か卵でも産みつけようとしたのか。


P1000295_1.jpg


幹の中に入って卵を産むのだろうか? それとも幹に穴を空けて卵を産み付けるのか?

何れにしても、まだ小さい無花果の挿し木にとってみれば致命的なダメージだ。



全ての葉と幹がやられ無くて良かった。

いや、もうすでに遅いのかもしれないが。



これも自然の営みだから仕方がない。



外来種のカミキリムシが西毛で大発生していて、サクラ、モモなどのきが枯れて被害がでている。

H30年の1月に、特定外来種にクビアカツヤカミキリがしてされました。  

家にいるのは、種類が違うみたいです。


P1000299_1.jpg

悪事を働いたカミキリムシがコイツです。



この幹には卵が産み付けられたのかもしれません。

殺虫剤でもかけておこう。




今回G9proで撮影しましたが、付属しているというかダウンロードして使える現像ソフトのSILKYPIX 4.4SEには機能に制約があり使い勝手が良くありません。

さりとて、新しいソフトを買うつもりもないのでこのまま使うしかありませんが、現像のバッジ処理機能がありません。

それにファイル出力日付焼着付け機能(印刷出力も同様)がありません。(C)Wonderful Fieldという文字が入れられません。

いちいち毎回画像に、ロゴを張り付けるのも面倒だし。



それ以外にも制限されている機能があり、あまり宜しくありません。

フルバージョンを使いたかったら、買いなさいという事ですか?バカにされているので買うつもりは、ありません。

やってくれるではないかいな。石川ソフト研究所さん。



現像できないわけではないので我慢しよう。



カミキリムシには喰われるは、SILKYPIXには意地悪されるやら、なかなか思いどうりには行きません。












スポンサーサイト

Comment 0

What's new?