FC2ブログ
雑草の伸びが強烈




7月に2回雑草退治のロータリをかけた。

最後だったのが、7月25日(記事にもあり)、その後暑さのせいか雑草の伸びは7月ほどではないが伸びてきた。



不思議に、伸びる草の種類に隔たりがある。

スベリヒユ(ゴンベェ)の成長は著しく良い。

この暑さに適しているのだろう。



一方、スギナは全くと言っていいほど伸びてこない。

春先には元気もりもりだったのに。

スギナは暑さに弱いのかな。それとも暑い夏は、根っ子に栄養を蓄えて春一番に繁栄する。

スプリングエフェメラルに似ている生体系?



きっとスギナは、春の妖精と同じような生き方をしているのだろう。

今は全く元気がない。地下の中で根っ子に元気を蓄えている時期か?春にいっせいに成長するタイプ。

筋肉のグリコーゲンのようなものかも。



ゴンベェの種がまき散らかされてら、畑は大変な事になる。

ほおって置いたら畑がゴンベェの棲みかと化してしまう。


IMG_3264.jpg



一大事です。まだ小さいけれど、伸びるのは早い。そして花を咲かせて子孫を残す。

動物も植物もぬかりはない。




オイラは困るけれど。

そこで、トラクターでロータリをかけた。昔は人海戦術か、農耕馬か牛を使ったのかな。

それはそれは大変だったことだろう。



農業の機械化は、生産物を過剰にしたのかもしれない。でも今では切っても切れない道具です。



一番いやなのは農薬使用の事で、スーパに売られているきれいな虫のついてない野菜は虫が寄り付かないような農薬が使われているだろうな。虫が食べた跡がないのがその証拠。それにその農薬の値段はいかほどか。全農と農薬会社に搾取されてはいないかい?

それよりは、農薬を使わない食べて安心な野菜の方が良い。

同じように見てみれば、農機具も手作業ですればいいのだが。

化石燃料を使った農機具にはかなわない。人力で作業するのは大変な労力が必要で、呆れる位大変だ。



今、本気で何が大事か考える時かもしれない。



そう意味では食べる分だけ、細々とスローに作付けしていくのが、地球環境からも一番合っているのかも。



実際に実行するのは難しい事です。


IMG_3265.jpg


トラクターで燃料を使って雑草を退治した畑。ここに作付けしないのはもっと罪作りな事。

本日の悪事。

ああぁ。






スポンサーサイト

Comment 4

スベリヒョウは、体の一部でも生えるらしい。
タンポポやセリと同じらしい。
引き抜いた際に根っ子が一部必ず残るらしい。
トラクターでかき混ぜると身体の一部が増えるのでまた群生する。
こまめに一本一本抜いたほうがはびこりが少ないか?
野菜不足の夏に貴重だから食べる?
エイリアンが畑を占領するのだ。
しばらくはエイリアンとの闘いだ。
バーナーで焼き尽くすのもいいかな?
とにかく健闘祈る。

2018/08/22(Wed) 17:25

Edit | Reply | 

高嶺

Re -さん

ロータリで土の中に埋めてしまうと、土の中で枯れるようです。
証拠と言ったら変ですが、次に生えてくるのは小さい芽からでてきます。
芽も小さいし、根っ子も小さいです。
これが切株から再生して出てきたものでない事の証明にはならないか?
そう、確かに生命力があります。
オイラの命が尽きるまでやるしかないか、結論はゴンべェの勝ち。
除草剤で残留性のあるものがあり、生えてこないものもあります。怖い薬ね。

2018/08/22(Wed) 20:24

Edit | Reply | 

除草剤は怖いです。
なるべく使わないように努めています。
EBGは上手につかっているようです。
彼の庭も雑草で覆われています。

2018/08/23(Thu) 09:06

Edit | Reply | 

高嶺

Re -さん

除草剤は便利だけれど、自家消費用畑には間違っても使いません。播種の時に化学肥料と殺虫剤は少し使いますが。
みんな工夫してます。皆、言わばプロだものね。
EBGの庭はイングリッシュガーデンにしているのでは?奥さんの趣向ですかね。

2018/08/23(Thu) 17:13

Edit | Reply | 

What's new?