FC2ブログ
山はリンドウの盛り



今、両足の太ももが軽い筋肉痛です。

筋肉に刺激があり、生きてる感じが直にします。



北岳にリンドウの花を見に、今が盛りのはず。

例年より10日ほど早めの開花ではないかと思い出かけてみた。

目的はアカイシリンドウ、サンプクリンドウ、ヒメセンブリ、他に見たお花も絶滅危惧種や準絶滅危惧種です。

大事にしたいものです。



植物の先が鹿に食べられた食痕があり、シカが3000mの上部にも出没している。

勿論、広河原周辺の低いところは、草刈機で刈られようにきれいに食べられてます。

鹿が増えすぎてます。草すべりのアツモリソウも絶滅したようです。また、キタダケソウもシカによる食害防止でネットを這って保護しているところもありました。

とんでもない事になってきました。オイラに何ができる。



話はそれますが、移動式別荘で寝ている時シカが山小屋周辺植物を食べに来てトイレで起きたオイラとケンカになったことがありました。

鹿は激しく泣いて威嚇してきます。たぶんカモシカです。騒ぎに気付いた小屋の管理人が爆竹を何発か鳴らして追い払ってくれました。カモシカは気性が激しくて、前足を蹴ってブーブー言れた事があります。

南アルプスの深部の山で寝ていた時は、シカが人間に気付いてキィキィ警戒音をたてて逃げて行きました。突然の鹿の鳴き声で気持ちわるいですね。

鹿が標高の高いところへと進出きて植物を食べまくっています。毒のあるマルバタケブキなどは食べません。このまま放置したとしたら、将来の姿を想像するのは容易な事です。




話は戻り、山梨への今までの経路は①高速 ②秩父経由雁坂峠 でしたが、最近は内山峠、中部横断自動車道佐久南から八千穂IC(無料)、韮崎までのルートが信号機が少なく早い。

8月30日、芦安の無料駐車場から5時30分のバスで出かけました。満員です。約一時間で広河原まで、南アルプス林道は急な斜面に作られた林道で常に落石防止の工事が行われてます。大雨の時は通行止めになります。

注意したいのは台風が近付いている時で、広河原から帰れなくなってしまう事です。早めに各山小屋から下山の指示があるようです。

ルートは大樺沢から八本歯のコル、北岳山荘わきの移動式別荘指定地で、暮和む富士山を見ながら山小屋で買うビールを飲むのが格別です。生ビールもあります。



大樺沢にはまだ残雪があり、上部まで豊富な水が取れるので、水筒は空で問題ありません。

ただし、帰りに大樺沢上部で見たカモシカの屍があり、飲んだ水は大丈夫か心配になりました。

雪崩にやられたのでしょう。成仏合掌。



お花は八本歯のコルから頂上へのルートとトラバース道がメインです。

セミセンブリは、これからが最盛期で少し遅れてます。

サンプクリンドウは最盛期で、あちこちに咲いています。

アカイシリンドウは、蕾みはあるのですが連続した晴れがないと開花しないようで開花したのは残念ながらみれませんでした。

調べてみると晴れの天気がにさん日続かないと開花に至らないとの事。子孫を残す術を誤ってますね。赤石さん。




サンプクリンドウ2


とてもとても小さな花です。お米粒位です。

八ケ岳にはあるようですが見たことはありません。

名前の由来となった三伏峠では姿が見られなくなったそうです。


サンプクリンドウ

今が盛りでした。



ヒメセンブリ

ヒメセンブリは、少し遅めの開花です。蕾がいっぱいあります。

あるところには、所狭しと咲いてます。


アカイシリンドウ

花は咲いてませんがアカイシリンドウです。

今回初見の花でしたが、花がみれなくて残念!




右に見えている葉は、なんとキタダケソウの葉です。

追記

昔見たキタダケソウです。

   

IMG_2587.jpg


IMG_2583.jpg

6月の後半、梅雨時に開花します。






アカイシリンドウ2


もう少しで咲くところでした。アカイシリンドウ



シロバナタカネビランジ

シロバナタカネビランジ

北岳の花ですね。こちらはそろそろ終盤です。岩場、ガレ場にさいてます。まさしく孤高の花といった感じ。

何故か北岳周辺はシロバナが多い。何か理由があるはずですが、何でだろう。岩が影響しているかな。


トウヤクリンドウ

トウヤクリンドウ 咲いた後

タカネヤハズハハコ

タカネヤハズハハコ

タカネナデシコ

タカネナデシコ

タカネシオガマ

タカネシオガマ

タカネコウリンカの枯れたもの

タカネコウリンカの枯れたもの

コバノコゴメグサ

コバノコゴメグサ

コウメバチソウ


コウメバチソウ  (2018.9.2追加訂正ウメバチソウかも)




IMG_3373.jpg


北岳山荘と間ノ岳


キタダケトリカブト

キタダケトリカブト 小さいトリカブトです

キタダケヨモギ

キタダケヨモギ

ミネウスユキソウ

ミネウスユキソウ

ミヤマハナシノブの残り

ミヤマハナシノブの咲き残り


ミヤマミミナグサ

ミヤマミミナグサ

ライチョウ


子供を読んでいるライチョウの親  ハイマツの中からちいさな子供の声がしてます


IMG_3325.jpg

北岳バットレス 4尾根に多数のパーティが取りついていました。



咲き始めたアオキラン

生えてきた本数が少ないです。温暖化の影響がでているのかもしれません。

アオキラン


芦安のバス停にある日帰りお風呂で汗を流す。

お店の人には悪いが、そこの食堂の白鳳醤油ラーメンまずくて残してしまいました。



帰りも同じ道をスイスイと安全運転で帰ってきました。

この街道沿いは果物のお店があり便利です。



2018.9.2追加


オンダテ

オンダテ

キタダケヤナギラン

キタダケヤナギラン


コウシンヤマハッカ

コウシンヤマハッカ

ハゴロモグサ絶滅危惧Ⅱ

ハゴロモソウ

追加した花は、名前に自信がなくて載せるのが遅れました。 (。-_-。)





スポンサーサイト

Comment 0

What's new?