FC2ブログ
珍しい北岳の花




8月の終わりに北岳に珍しい花を求めて行ったが、8月のはじめに過去に行った時にみた珍しい花。

北岳は本当に花たちの宝庫です。



広河原までのバスが開通し出すのが、キタダケソウの咲き始める頃です。

調度その頃は梅雨の最中ですが、キタダケソウの咲く時期が段々速まっている。

温暖化の加速で生態系が変わってきてます。

キタダケソウを見ればそれはそれは、感激ものです。



今回は8月の初めの北岳を代表する花です。

勿論、タカネビランジが大好きですが、今回はあまりみないものです。

台風で天気が良くないので、過去の在庫から珍しい花です。



IMG_0399.jpg

ムカゴユキノシタ



山系フィールドブックスの高山植物によれば、「高山植物の中では珍品の部類で個体数も少なく、氷河期の残存植物」とのこと。

こんな高嶺の花が登山道脇に咲いてます。8月の初旬

勿論、視線はサーチモードで見ないと見逃してしまいます。



次は、北岳にはいっぱい咲いてますが他の場所で咲いているのは北アルプスの一部にしか咲いていません。

当たり前のように咲いてますが、実は感動ものです。

IMG_0326.jpg

厳しい高山で凛と咲いている感じがします。

IMG_0308.jpg


今回の北岳行きでも、一輪遅咲きで残っていて見ることができました。

8月の初旬にはそれはところ狭しと咲き誇ってます。とてもあり過ぎて見飽きてしまうほどです。

北岳では普段に平然と見られますが、実は珍しくとても大事な花です。

まるでカミサンと・・・・・・みたい。




次はご存知、タカネマンテマ





IMG_0406.jpg



IMG_0413.jpg


日本では南アルプスの限られた場所に細々と生き延びてます。

絶滅危惧ⅠA類CRランクで絶滅が心配されます。



まだまだ見たことがない花がいっぱいあります。

楽しみが増えるのか、苦しみが増えていくのか。



少しずつ探して行きたいと思います。








スポンサーサイト

Comment 0

What's new?